2013年12月12日

【僕が、フリースタイル講座をやると決めた理由】

21日のフリースタイル講座まで、あと9日。
お客さんから質問を受けたので、文章にしてみようとまとめてみました。
なぜ、この講座をやろうと思ったか?

1. ヨーヨーを学べる環境は増えたが、フリースタイルを学べる場は未だなかったから。

大会や練習会が増え、インターネット上で動画が簡単に観れる様になり、ヨーヨー自体も進化した。
それに伴って、プレイヤーの技術レベルも上がっている様に見える。
しかし、ことフリースタイルに関してはどうか。
上達しているのは大会上位の一部のプレイヤーだけで、全体を通してのフリースタイルのレベルは、むしろ10年前と比べて下がっている様に見える。

技術レベルの進歩、多いに結構。素晴らしい事だけど
現在ヨーヨーの公式大会で評価されるのは、技術をひっくるめた「フリースタイルが1番上手かった人」である。

なのに、このフリースタイルを学べる環境、教材が無い。
確かにフリースタイルは『自由』である。しかし、上手い人と下手な人が存在する以上、そこには学ぶべきポイントが沢山あるのだ。
誰もやらないなら、僕がやる。そこから始まりました。

2. ヨーヨー人の競技意識の低下(特に関東)

ちょっとだけ厳しい事を書く。
恐らく、ヨーヨー人口が全国で一番多いのは関東地方だろう。
しかしここ数年、ヨーヨーの公式大会において
関東のプレイヤーはほとんど上位に入賞出来ていない。特に、一番人口の多い1A部門。
一部のプレイヤー以外は、他の地域に置いていかれているのだ。

なぜだろう?答えは簡単。他の地域と比べて、皆大会で勝ちたいという意思が弱いんだ。

それはそれで良いと思う。ヨーヨーの楽しみかたは人それぞれだし。
でも、本当はそんな中にいるんでしょう?いつか「世界チャンピオン」になりたいって人。
僕は環境がプレイヤーを育てると思っていて、上手い人が多い地域や練習会はどんどん周りのプレイヤーも上達する。
現に愛知、三重、岐阜といった東海地方はもの凄くレベルが高い。
彼らと関東のプレイヤーに大きな差は無い。あるとしたら、上手くなりたいという意思。そして勝ちたい、優勝したいという意思。

別に皆が皆そんな事思う必要は無いけど、本気で世界チャンピオンになりたいと思っている人にとって、モチベーションを保てる場が無いのはとても可哀想なこと。
それに気づいて、改めてこの講座をもう一回やろうと思った。

今回の講座は、前回以上に「競技」に特化しています。
僕がなぜ、大会で上位に入り続ける事ができているのか?
君たちが、どうやったらそうなれるのか?

締め切りまであと約半数。
12月21日(土) 新木場BUMBにて。
詳細、応募はこちらから。

http://yoyo-naoto.blog.players.tv/article/81883172.html
posted by Naoto at 19:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
spacer.gif
spacer.gif